キーボード

SEO対策で初期にやっておきたい構造設計の話

SEO対策でもできるだけ初期段階で初めておきたいのが構造設計です。
Webサイトにおける構造設計とは、どのようなコンテンツをどのように分類し、どことどこをリンクしてつなぐのかといった決め事を作ることです。ページの名前付けなどの方法も含む場合があります。
どうしてこれがSEO対策上重要なのかというと、検索エンジンが情報を探し評価する際には、情報が探しやすいようにリンクがされていて、検索エンジンの使うロボットが巡回しやすい仕組みを作ってあげることが必要だからです。離れ島のように浮いているページにはロボットは巡回することができませんし、リンクが複雑で何度も何度もリンクをたどっていかないといけないページであれば、ロボットが巡回しないこともあります。
これがスッキリとしていることは、それだけロボットだけでなく人間にも見やすい使いやすいサイトということになるためSEO上の評価も上がります。
構造設計は、一度作ったサイトだと作り直しを余儀なくされることも多いため、できるだけ初期段階で意識して作ることが大事で、相応のノウハウが必要となります。サイト制作の段階でSEO対策業者と相談すると、構造的にも有利なサイトを作れる可能性が高くなります。

トピックス