キーボード

SEO対策で考えざるを得ない二つのリンク

SEO対策ではリンクの扱いが非常に大事なのですが、このリンクには「発リンク」と「被リンク」の二種類があります。自分のサイトからリンクをつけている場合を「発リンク」と言い、そして自分のサイトがリンクされている場合を「被」リンクと言います。
SEO上は被リンクについての効果は確認されていますが、発リンクについては基本的にプラスにはならないとされています。自社サイト内の巡回性を高める程度であれば有用で、結果的にプラスになることもありますが、他のドメインへのリンクは自分にはあまり意味を持ちません。
被リンクは、リンクを貼って参考にされるほど有用な情報があるということを意味しますが、発リンクそのものはあまり意味を持たないからです。サイト内の被リンクをいくら増やしても、根本的な順位対策にはなりません。あくまで他者から見た場合の有用性がSEO対策では問われていますので気をつけてください。
基本的に検索エンジンの評価の高いサイトから被リンクを得ているほどSEO対策効果は高くなると言われています。逆に質の低いサイトからの被リンクが多くある場合には、何かの悪質行為を疑われてペナルティになることもあり、逆SEOと言われる被リンクのチェックが必要となります。

トピックス