キーボード

SEO対策で情報構造を考える上でのポイント

SEO対策で情報の構造を考える際には、いろんなポイントがあります。
たとえば、まずは情報をカテゴリーやディレクトリで分けておくことです。これは検索エンジンのためというよりは人間のためではありますが、使われるサイト、PVの多いサイトはそれだけ評価も高くなりやすいため、しっかり分類しておきましょう。あとでリンク付けをするのも楽になります。
また、URLを見てその意味が分かりやすい場合もSEO上有利になります。ページタイトルやディレクトリの名前がURLに反映されますが、そこにキーワードが入っているならそれだけ情報を探しているユーザーに新設だからです。
しかし、無理やり検索キーワードを組み込む方法は今はあまりSEO対策上の効果がないようです。昔ほどこうした対策の有効性は大きくないとは言いますが、実際に使いやすいサイトは探しやすいサイトだと思いますので意識しておきましょう。
また、SEO対策としては不要なページや、情報が古すぎて使えないようなページは削除しておいた方が無難です。こういったページがあることがロボットや人間のサイトの巡回性を悪くしてしまうからです。できるだけスッキリとした情報が整理されたサイトになるようにしましょう。情報量が多いのはいいことですが、同じ情報ばかりのサイトはあまり評価されないようです。

トピックス